社員・仕事を知る

私は、ここで働きたい、ここでなら、輝ける。

営業 三井真麻

東京支店 2014年入社
駒沢女子大学 人文学部 人間関係学科 卒業

突然現れた理想の会社

「出会った瞬間、ビビッときた」。八十島プロシードの第一印象は、私にとってそれほどインパクトのあるものでした。やりたい仕事がはっきりわからない。どの会社を訪問してもしっくりこない。そんな状態で就職活動を続けていたある日、大学の進路センターで何気なく申し込んだ八十島プロシードの会社説明会に参加。プレゼンテーション半ばですでに「私はここで働くんだ!」という確信に至りました。
もともと人と関わることが好きな性格で、「こんな人たちがいる会社で働きたい」という理想のイメージは明確に持っていました。それは、「誰もが誇りを持って一生懸命仕事をし、いっしょにいて楽しいと思える社員がいる会社」。八十島プロシードは、まさしくその理想通りの会社だと直感したのです。

「人」と「姿勢」に魅せられて

その直感は間違っていませんでした。入社後に工場研修があったのですが、どの製造工程でも、どんなに小さな製品であっても、社員全員がその一つひとつを本当に大切にしている姿を目の当たりにしました。八十島プロシードでは、すべての人が毎日全力でそれぞれの役割をまっとうしています。
私自身もそうでしたが、文系学生の方からすると、「製品や技術が難しそう…」と思う方もいるかもしれません。ただ私は、「この会社でがんばりたい!」という思いさえあれば、専門的な知識も難しい技術の話も、仕事は自然に覚えられると思っています。私を動かしているもの、それは「人」です。全員がどんなに小さな製品、小さな仕事であっても大切にしている。そして、長い歴史を持つ会社でありながらつねに新しい領域にチャレンジし続ける「姿勢」。この風土の中で、私自身も輝きたい、その思いが私の原動力になっています。

私らしさを極める

現在は自分で立てた行動予定に沿って、先輩から引き継いだお客様への訪問や新規開拓を行なっています。ある時引き継ぎのお客様が、当社の製品の品質にどれほど感動したかというお話を熱心にしてくださいました。こうしてお客様の喜びの声を直接聞くことが営業の醍醐味なのだと気づいたと同時に、製品づくりに携わったすべての人にこのお客様の声を伝えるべきだ!と思い、さっそく工場へ足を運び、お客様の声をお伝えしました。もちろん、みなさんとても喜んでくださいました。
今は毎日がチャレンジと新しいことの連続で、とにかく楽しい!というのが率直な気持ちです。先日は新規開拓で初めて「飛び込み営業」に挑戦してみました。アポイントなく突然ご訪問するわけですから、少し緊張もしましたが、楽しかったです。しかも、訪問したすべてのお客様が快く対応してくださいました。当社では珍しい営業スタイルのようで、先輩にも驚かれましたが(笑) このように、今後はもっともっと、「私らしい営業」を極めて、私の尊敬する先輩たちのように存在感を高めていきたいと思います。

ページトップ