POWDER BED FUSION 粉末床溶融結合方式

POWDER BED FUSION粉末床溶融結合方式

強度、耐熱性、寸法安定性に優れる、
PPS材料による3Dプリントの実現。

特徴

  • 対象材料
    PPS(薄茶)
    PPS GF(ガラス繊維強化グレード/薄茶)
    PPS CF(カーボン繊維強化グレード/黒)
  • パウダーがサポート材の役割を果たすため、中空構造や複雑形状が可能
  • 形状の違う複数の製品を同時造形することが可能
  • 仕上げ加工が可能(塗装、染色、切削加工)
  • 東レ株式会社のポリマー設計による、造形に最適なトレミルⓇPPSを使用

事例

  • レゾルバ

  • 配管

  • コネクタ

  • パーツ
    (仕上げ加工:切削加工)

造形方法

粉末PPSを敷き詰め、スライスデータの指定箇所にレーザーを照射してモデリング。

造形装置

装置RaFaEl Ⅱ 550C-HT
材料PPS・PPS CF・PPS GF
造形領域x500×y500×z500 mm
装置RaFaEl Ⅱ 300C-HT
材料PPS・PPS CF・PPS GF
造形領域x300×y300×z410 mm
材料物性表