SLS 粉末焼結積層方式

SLS粉末焼結積層方式

靭性や耐熱性のあるナイロン12材料で、
より精細なモデルを実現。
PA2241FR(難燃グレード)はFAR 25.853に準拠。

特徴

  • 対象材料
    PA2200(ナイロン12/白)
    PA2241FR(ナイロン12難燃グレード/白)
  • パウダーがサポート材の役割を果たすため、中空構造や複雑形状が可能
  • 形状の違う複数の製品を同時造形することが可能
  • 大型サイズの造形が可能(造形領域 x670×y360×z560mm)
  • 仕上げ加工が可能(塗装、染色、切削加工)
  • PA2241FR(ナイロン12難燃グレード)は、FAR 25.853及びエアバスの燃焼規格に準拠

事例

  • マンモス模型

  • ランプシェード

  • ハニカム構造体

  • 建築模型

  • 歯車

造形方法

0.1mmの積層ピッチで粉末ナイロンを敷き詰め、スライスデータの指定箇所にレーザーを照射してモデリング。

造形装置

装置EOSINT P760
材料PA2200
造形領域x670 × y360 × z560mm
装置EOSINT P396
材料PA2241FR
造形領域x320 × y320 × z570mm ※X,YにコーナーR50付きます。
装置Formiga P110・P100
材料PA2200
造形領域x190 × y230 × z310mm
材料物性表